JavaScript (46) 行列の計算

囲碁の数理に行列を用いることにしたのですが、最低でも 9 x 9 の行列になり、その数式を TEX で作るのが結構大変です。

そこで、プログラムで計算してしまおうと思い立ちました。プログラムで計算した結果を TEX に変換すれば、行列のかけ算なども簡単に出力できそうです。

プログラミング言語は行列の計算ができるものがいいと思ったのですが、結果を簡単にウェブサイトでも表示するなら JavaScript がよいと思い、JavaScript の Math.js というライブラリを使ってみることにしました。

Math.jp を使った上に、さらに SyntaxHighlighter などでコードをきれいに表示しようとすると、スタックが溢れてしまいうまく表示できないことが分かりました。今回は結果のページとコードのページを分けることでスタックオーバーフローを回避しました。

まずは行列の簡単な計算をやってみました。Matrix 0.1 として公開しました。今回は計算式をプログラムとして、計算結果をそのコメントとして出力するようにしました。

次回は、TEX に変換してみようと思います。

(つづく)

関連項目

“JavaScript (46) 行列の計算” への2件の返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。