C++ (10) 2進行列クラス CBMatrix と単体テスト

今回は CBMatrix クラスを追加しました。Native Unit Test Project の使い方が分かったので、unittest1.cpp を追加しました。Visual Studio の [TEST] [Run] [All Tests] からテストを起動できます。結果は Test Explorer に表示されます。23個のテスト項目を作成し、全てパスすることができました。
Unit Test
ソースコードは CodePlex に公開しました。ドキュメントはこちらにアップロードしました。
Visual Studio の Team Explorer から Sync を使って CodePlex にアップロードしたのですが、ローカル Git への Commit がうまくいかなかったらしく、Win32 Console のテストプログラム RegressionTest.cpp はアップロードできませんでした。
CBVector クラスについては、動的配列のメモリを解放するための仕組みとして releaseMem というメソッドを作りました。 前回の版では解放できていない、いわゆるメモリ リークがありました。C++ のメモリ管理は結構めんどうです。boost というライブラリを導入すると解決できそうだったのですが、今回は自力でなんとかしました。

カテゴリーC++

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。